カップラーメン | ラーメン

このサイトでは世界におけるカップラーメンについて様々な視点から解説していきます。

カップラーメン

カップラーメンの原型となったインスタントラーメンは1958年に日清食品創業者・安藤百福によって発明されたとされている。しかし一方では清の時代の中国において面を油で揚げる料理法がすでに確立されていたこともあり、安藤説には少なからず異論も存在する。カップラーメンはそのなかでも容器に入れて販売され、お湯を入れるだけで調理が完了するものを指し、1971年に日清食品が発売したカップヌードルがその第一弾とされている。カップラーメンが誕生した秘話としては、欧米にインスタントラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが調達できなかったために、紙コップに入れてお湯を注いで試食したことが、その発想の原点であったと言われている。

PRリンク1
福山市を中心にした、|エステ|痩身|ブライダルエステ|脱毛|ネイル|マツエク|美容院|リラク|ヨガなどの情報の検索予約サイト
福山の美容院ならトップシェイプへ行こう!
阪急神戸線西宮北口駅近く!ビューティービースト西宮北口店

ラーメンのスープ

各ラーメンの特徴で一番個性を発揮するのはスープであり、みそ、しお、しょうゆや博多、尾道などご当地ラーメンのほか、うどんやそばなど和食系のものまで登場している。とくに和食系のバリエーションはとくに多く、たとえば東日本で販売されるものはカツオ節の味を、西日本で販売されるものは昆布味を表現したスープと、同じ商品名であってもバリエーションが異なる商品が地域別で販売されている。また最近では有名ラーメン店の味を再現したコンビニ販売の高価版や、きしめん、にゅうめんといったもの、スープスパゲッティに至るまで、ありとあらゆる麺類の商品がカップラーメンの形で販売されている。

PRリンク2
福山 コルギ
福山のリラクゼーション

保存食としてのラーメン

多くの避難所でカップラーメンが非常食として備えられており、実際に昨今の災害時の緊急食料として活用された例は少なくない。日清食品をはじめとするカップラーメンメーカーの中にも自社工場や物流倉庫にストックとして備えられており、これまでにも大災害発生時に避難所へ提供された例がある。一方で災害発生直後には電気やガスなどのインフラが止まっているケースも少なくなく、またガス漏れなどが発生しているためカセットコンロの使用も爆発を誘因する危険があるため、カップラーメンは緊急非常食として使えないとの指摘もある。そのために発熱体を使用して水を入れるだけで調理できる非常食バージョンがテスト販売された経緯があるが、その後本格的に販売されることなく現在に至っている。

リンク集