カップラーメン

このサイトでは世界におけるカップラーメンについて様々な視点から解説していきます。

日本のカップラーメン

カップラーメンとは、インスタントラーメンの中でも商品が器状の容器の中に入れられた状態で販売されているものを指し、購入者は器にお湯を入れて数分間待つだけで商品を食すことができるものを言う。食器、調理器を兼ねた容器込みで販売されているので、消費者は鍋などを用意する必要もなく、コンロ等で火にかける必要もない。一方でお湯が必要なので全く火が不必要というわけでもない。最低でも電気ポッドなどお湯を沸かす機器は必要である。一般的に袋入りのインスタントラーメンよりは価格が高いので、鍋やコンロが用意できる環境であるならば、袋入りのインスタントラーメンを選択すべきであるが、あえて人気商品を食してみたいとカップラーメンを選ぶ顧客層も少なからず存在している。

PRリンク1
池袋駅東口の風俗求人なら | よるジョブ
福山の美容院ならトップシェイプへ行こう!

カップラーメンの種類

昨今、カップラーメンには数多くの種類のものが発売されているが、その分類方法にはいくつかのパターンがある。例えば器がどんぶり状の物とコップ状のもの。スープのあるものと焼きそば状のもの、ラーメンとうどん・そばなど。またラーメンの味も一般的なみそ、しお、しょうゆのほか、独自文化で発展を続けるご当地ラーメンなど、ありとあらゆるラーメンがカップラーメンとして発売されている。おそらくカップラーメンで表現できないラーメンは世の中に存在しないのではないかと思えるほどのラーメンが、国内各メーカーから発売されており、その商品の入れ替わりも極めて激しい。カップラーメンの種類を数えるとしたならば、無数にあると言ってもかまわないかもしれない。

PRリンク2
福山 コルギ | シャンメール
福山川口町のリンパマッサージなら | プティ

コンビニカップラーメン

昨今、コンビニに於いては他の流通から排他的に、商品を独自に開発して販売するケースが増加している。その1例はプライベートブランド商品として、宣伝広告費をかけず他社同等品よりも安価で販売するケースが挙げられるが、もう1例はカップラーメンのように他社製品を上回る価値を付けて高価に販売するケースが挙げられる。たとえば有名ラーメン店と提携をし、そのラーメン屋の味をカップラーメンとして再現することで商品価値を高め、同等の商品と比較して1.5倍~2倍の価格で販売している商品を、各コンビニ店頭で多く見つけることができる。こういった商品は大手カップラーメンメーカーへ依頼して製造されるが、スーパーや他社コンビニチェーン店の店頭に並ぶことはほとんどない。例外的に一部が通販のルートに並ぶか、在庫処分品がディスカウントストアに並ぶ程度である。各コンビニは自社チェーン店にしか並ばない商品を求めて商品開発に余念がなく、多くのラーメン屋を巻き込む形でカップラーメン開発競争が生じているのである。

PRリンク3
福山の美容院でおススメは | アットキレイ

リンク集